HOME協会について > 協会のビジョン

協会のビジョン

 当協会は、身体障害者補助犬法の施行を機に設立された、日本で唯一3種類(盲導犬・介助犬・聴導犬)の補助犬を育成および認定できる団体です。「人との日々の関わりの中から、人と一緒に何かをする事を楽しみ、その場の状況に合わせて行動できる補助犬の基礎ができる」をモットーに、育成に取り組んでいます。
 また、広く一般の人々が、障害を持つ人や補助犬に対する理解を深めていく懸け橋として、社会に働きかけて行きます。
 「街角で当たり前にユーザーと補助犬に出会う社会」を目指して、共にあるのが自然に受け入れられる豊かな社会の一助となれるよう、努力していきます。

概要
 名 称  公益財団法人 日本補助犬協会
 設 立  平成14年6月
 理事長  新井敏之

 目 的
  (1) 身体障害者補助犬の育成及び無償貸与事業
  (2) 身体障害者補助犬訓練施設の設置及び運営
  (3) 身体障害者補助犬の認定事業
  (4) 身体障害者補助犬利用者がより充実した生活を送るための使用指導及び相談事業
  (5) 身体障害者補助犬の普及啓発活動事業
  (6) 身体障害者補助犬のリタイア後のケア事業
  (7) 動物介在情操教育活動事業
  (8) 身体障害者補助犬指導員、訓練士、飼育管理員の養成事業
  (9) 身体障害者補助犬に関する調査研究事業
  (10) 身体障害者補助犬の質向上のための各種交流事業
  (11) 身体障害者補助犬育成を通じた若者自立支援事業