HOMEご協力のお願い > 寄付に対する優遇措置

寄付に対する優遇措置

税制上の優遇措置について

公益財団法人 日本補助犬協会に対する寄付金(賛助会費を含む)は、そのすべてを当協会が行う公益目的事業に使用させていただきますので、特定寄付金として税制上の優遇措置が適用されます。(所得税法施行令217条、法人税法施行令77条) 公益財団法人 日本補助犬協会は、より公益性の高い事業を行っているとして、内閣総理大臣から公益財団法人としての認定を受けています。

優遇措置の内容
1.個人の場合

所得税(国税)について
確定申告の際に「寄付金控除」が認められます。なお、H24年4月3日のご寄付より、従来の「所得控除」に加え「税額控除」のどちらかの、より優遇される方を選択することが出来るようになりました。


所得控除適用の税額の計算式
税額 =( 所得 - (寄付金(総所得の40%を限度)- 2千円 ))× 税率

税額控除適用の税額の計算式
税額 =(所得×税率)-((寄付金(総所得の40%を限度)- 2千円)× 40% )
※所得税額の25%を限度

住民税(地方税)について
神奈川県、及び横浜市の条例により寄付金控除指定団体に指定されています。こちらにお住まいの方には、確定申告の際に「寄付金控除」が認められます。


都道府県民税等の控除額の計算式
・都道府県民税の控除額 =(寄付額(総所得の30%を限度)- 2千円)× 4%
・市町村民税の控除額 =(寄付額(総所得の30%を限度)- 2千円)× 6%

税制上の優遇措置を受けるための手続き
確定申告が必要です。次の書類を添付してください。
・協会が発行した寄付金の領収書
・税額控除に係る証明書の写し
※寄付金控除制度等の詳細については、お近くの税務署等にお問い合わせください。


2.法人の場合

通常の一般の寄付金の損金算入額と同額以上が別枠として、損金算入することが認められます。


法人税の控除額の計算式
損金算入限度額(普通法人の場合)=
(( 資本金×当期の月数 / 12 × 0.25% + 所得金額 × 2.5% )× 1/2 )
+(( 資本金 × 当期の月数 / 12×0.25% + 所得金額 × 5% )× 1/2 )

税制上の優遇措置を受けるための手続き
決算時に、協会が発行した寄付金の領収書を添付してください。
※寄付金控除制度等の詳細については、お近くの税務署等にお問い合わせください。