HOME聴導犬 > 聴導犬の役割

耳の不自由な人に音を運んでくれるパートナー。

聴導犬の役割

聴導犬は、タッチをするなど色々な動作を使って耳の不自由な方に音を知らせて生活をサポートします。赤ちゃんの泣き声、FAXの呼出音、ドアのチャイム、目覚まし時計の音等々、生活をしていく上で必要な様々な音を覚えます。離れた所で音がした場合でもユーザーの所まで行ってそれを教え、音源まで誘導します。
又、警報機の音を知らせるなどユーザーの安全を守る仕事もします。家の外では、窓口での順番待ちの時に鈴を鳴らしてもらい名前が呼ばれた事を知らせる仕事などがあります。 音が聞こえない事からくる不安を軽減し、耳の不自由な人の快適で安全な生活を支えるのが聴導犬の役目です。

次は聴導犬が音を知らせる様子を紹介します。
聴導犬の仕事

携帯のメール着信音を知らせる

ノックの音を知らせる

玄関チャイムの音を知らせる

目覚まし時計の音を知らせる

呼び鈴の音を知らせる

緊急時対応:警報器音を知らせる

FAXの着信音を知らせる

赤ちゃんの泣き声を知らせる

キッチンタイマーの音を知らせる

やかんの笛の音を知らせる