2020年東京オリンピック・
パラリンピック競技大会に向けての取り組み

遠藤(元)大臣応援メッセージ

~2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた
補助犬受け入れ体制の確立を~
東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当遠藤利明大臣写真

 パラリンピックは、スポーツを通じ、障害者の方々の自立や社会参加を促すとともに、様々な障害への理解を深めるものであり、大きな意義を持つ大会であると考えています。
 2020年東京大会は、同一都市として、初めて2回目のパラリンピック開催であり、これまでにない最高の環境を整え、世界中の障害者に夢を与えることができる大会となるよう、準備を進めてまいります。

 東京大会に向けては、国際パラリンピック委員会のガイドラインを踏まえて、東京版ガイドラインを作成し、安全で快適に移動できるユニバーサルデザインの考えに基づいた街づくりを行うとともに、大会関係者をはじめ、関連サービス関係者に接遇、応対など「心のバリアフリー」に対する理解を促進することで、ムーブメントを全国に広げ、大会後もレガシーとしていくことが重要です。

 身体障害者補助犬、すなわち盲導犬、介助犬、聴導犬は、身体に障害のある方々の日常生活をサポートしてくれる重要な存在です。2020年東京大会には、世界中から補助犬を伴う障害者の方々が来日されることから、補助犬に対する正しい知識と対応方法を身につけた人材の養成など、補助犬受け入れの体制づくりが不可欠です。補助犬への社会の理解が進むことにより、障害者の自立と社会参加の促進に大きくつながると考えます。

 協会のみなさまをはじめ、多くの関係者が手を結んで、ユニバーサル社会・共生社会の実現に向けて取組んでいけるよう願っています。

(元)東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当大臣
遠藤利明

補助犬大使 小原日登美さん 応援メッセージ

~2012年ロンドンオリンピック
女子レスリング48kg級・金メダリスト~
補助犬大使 小原 日登美さん写真

2020年東京大会では、オリンピックとパラリンピックが一つとなり最高の舞台が築けることを期待しています。
世界中の身体の不自由な方や補助犬達も安心して来日できる体制を整え、「みんなが楽しんで暮らせる社会」が実現できるように、私も補助犬大使として応援しています。

大使就任時のインタビューはこちら

2012年ロンドンオリンピック女子レスリング48kg級・金メダリスト
小原日登美

一般社会に向けての取り組み

第4回もっと知って補助犬キャンペーン

人と人、人と犬の共生社会を目指して、
そして、「街角で補助犬に出会える街」を目指して、キャンペーンを行っていきます。

キャンペーン開催期間:平成28年1月4日~平成28年3月31日

2014年度啓発キャンペーンポスター
2014年度啓発キャンペーンポスター
詳しくはこちら

受け入れ事業者に向けての取り組み

世界中から来日する多くのゲストの中には、
補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)を伴う障がい者の方々もいらっしゃいます。
多数の人が利用する施設では、補助犬の受け入れが既に法的に義務化されています。

補助犬ガイド士養成講座

補助犬ガイド士養成講座写真

受け入れ事業者が専門員の配置を行えるよう、
「補助犬ガイド士」の養成を行っています。
詳しくはこちら

補助犬受入れセミナー

補助犬受入れセミナー写真

受け入れ事業者の社員教育のため、
補助犬受入れセミナーを実施しています。

 セミナー実施例:
 ANAモックアップ訓練の実施
 ANA「補助犬受入れセミナー」の実施

相談窓口の設置

補助犬の受け入れに関する相談窓口を設置しています。
受け入れの対応についての事業者からの相談などにお答えします。

相談窓口専門ダイヤル

電話:03-6303-2233

受付時間:平日10:00~16:00