HOME認定免許センター > 認定試験を希望される団体の方へ

認定試験を希望される団体の方へ

 日本補助犬協会では、介助犬・聴導犬の認定試験を行っております。認定を希望される育成団体様は、下記の書類をご提出ください。認定料は5万円となります。その他、現地調査費として交通費等(上限5万円)をいただきます。

身体障害者補助犬(介助犬・聴導犬)認定審査会 提出書類
(1)申請者及び訓練に関する資料

  1 身体障害者補助犬の認定申請書
  2 身体障害者補助犬認定申請調書
  3 誓約書
  4 訓練総合評価書
  5 身体障害者手帳写し
  6 使用者意見書 2枚組
  7 狂犬病予防法に基づく畜犬登録番号の届出書
  8 健康診断書 3枚組
  9 8種(9種)混合ワクチン証明書写し
  10 狂犬病予防注射済証明書の写し
  11 血液検査報告書の写し
  12 避妊去勢証明書
  13 適性評価表
  14 基本動作訓練サマリー
  15 介助・聴導動作訓練サマリー
  16 訓練経過報告書
  17 訓練計画書
  18 使用者と補助犬との適合評価 総合評価・判定書
  19 合同訓練サマリー
  20 フォロー・アップ計画書
  21 身体障害者補助犬の適性・適応に関する意見書
  22 担当訓練士の訓練経歴
  23 現地調査報告書 5枚組
  24 身体障害者補助犬 認定審査表
  25 身体障害者補助犬審査会 判定書


(2)データ提出資料

  ・使用者と補助犬の顔写真(認定証用)
  ・自宅及び日常生活での補助動作の映像
  ・商業施設での映像(施設の入る様子、歩行、出る様子)
  ・公共交通機関の映像(乗り降り、車内での待機)
  ・股関節レントゲン
  ・肘関節レントゲン(介助犬のみ)

(3)訓練事業の継続性を証明する資料

  1  前年度の決算報告書
  2 前年度の事業報告書
  3 今年度の予算書
  4 今年度の事業計画書


<資料提出先>
  公益財団法人 日本補助犬協会 認定免許センター
  〒241-0811 神奈川県横浜市旭区矢指町1954-2
  TEL: 045-951-9221 FAX: 045-951-9222
             担当: 獣医師 加藤精二