日本で唯一3種類(盲導犬、介助犬、聴導犬)の補助犬を育成および認定できる団体です

公益財団法人日本補助犬協会 内閣府 公益認定法人 国家公安委員会指定法人 厚生労働省指定法人

〒241-0811 神奈川県横浜市旭区矢指町1954-1
03-3564-3444 平日10時~16時30分
お問い合わせ

もっと知って補助犬キャンペーン第6回補助犬キャンペーン


補助犬と共に社会参加するということ
~「誰一人取り残されない社会」への提案~
実施期間:2018.12.1~2019.3.31

代表理事あいさつ

 日本補助犬協会は、平成24年より「もっと知って補助犬キャンペーン」を定期的に開催しております。それは、身体障害者補助犬法が成立(平成14年)して10年以上が経つにもかかわらず、補助犬についての社会の認知度が低いままであり、公共交通機関や民間の店舗、宿泊施設などにおける補助犬受け入れ拒否が後を絶たなかったことから、その名の通り「補助犬をもっと知って頂きたい」という思いからでした。
 平成28年よりキャンペーンの一環として「補助犬シンポジウム」を開催するようになりました。これは、障害者差別解消法施行(平成28年)や「ユニバーサルデザイン2020行動計画」(以下UD2020行動計画)決定(平成29年)を受け、補助犬ユーザーを含む障害を持つ方々を社会がどのように受け入れ、共生社会の実現を目指していくのかについて、有識者を交えて議論するもので、大きな反響を呼ぶこととなりました。
 今年度は、これまでの取り組みを更に具体的に掘り下げて参ります。補助犬は身体に障害を持つ方々の自立、社会参加を助ける存在です。では、補助犬と共に社会参加するとは具体的にどういうことなのか。どのような方々が補助犬ユーザーとなり、どのような社会参加を求めていらっしゃるのか。受け入れ側の企業や社会はどう受け止めているのか。関係者、有識者、専門家をお招きして議論を取り交わしながら補助犬を巡る現実をあぶり出し、今後歩むべき道を探っていきたいと思います。
 障害者雇用促進法の改正やSDGs(2015年国連サミットで採択された持続可能な開発目標)など国内外の大きなうねりの中、「誰一人取り残されない社会」の実現に向けて、日本補助犬協会では、私達が担うべき役割を考え、キャンペーンを通じて積極的に提案していきたいと思っております。

公益財団法人 日本補助犬協会
代表理事 新井 敏之  
代表理事 朴 善子   

「もっと知って補助犬キャンペーン」イベント概要

詳細はこちら

「もっと知って補助犬キャンペーン」第1回~第5回 実施内容

詳細はこちら

お問い合わせ

日本補助犬協会 事務局
TEL:045-951-9221
E-mail:japan@hojyoken.or.jp

補助犬キャンペーン 後援団体・企業など

内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部、国土交通省、農林水産省、神奈川県、横浜市健康福祉局、日本百貨店協会、日本ホテル協会、日本ショッピングセンター協会、日本チェーンストア協会、日本ビルヂング協会連合会、日本フードサービス協会、日本補聴器販売店協会、日本旅行業協会、日本植物園協会、日本盲人会連合、全日本ろうあ連盟、全日本難聴者・中途失聴者団体連合会、全国空港ビル事業者協会、全国銀行協会、東京損害保険代理業協会、東京都個人タクシー協会、東京ハイヤー・タクシー協会、東京国際空港ターミナル、成田国際空港、新国立劇場、日本医師会

協力・協賛

公益社団法人 日本医師会、ロイヤルカナン ジャポン合同会社、住友三井オートサービス株式会社、株式会社サンセイランディック、ケルヒャージャパン株式会社、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、東京Ⅱゾンタクラブ、東京炭素工業株式会社、アバディーン・スタンダード・インベストメンツ株式会社、日本ヒルズゲート株式会社、ポールヘイスティングス法律事務所、株式会社大塚商会、イオンペット株式会社、三井化学株式会社、マルホ株式会社、株式会社Esupport International、認定NPO法人 湘南フィルハーモニー管弦楽団、クリスタ長堀、ペッツファースト株式会社、ラッキー工芸株式会社 (順不同)

公益財団法人 日本補助犬協会

Guide Dog & Service Dog & Hearing Dog Association of Japan

〒241-0811
神奈川県横浜市旭区矢指町1954-1
TEL:045-951-9221
FAX:045-951-9222

※お電話でのお問い合わせは、平日10時〜16時30分までにお願いいたします。