日本で唯一3種類(盲導犬、介助犬、聴導犬)の補助犬を育成および認定できる団体です

公益財団法人日本補助犬協会 内閣府 公益認定法人 国家公安委員会指定法人 厚生労働省指定法人

〒241-0811 神奈川県横浜市旭区矢指町1954-1
03-3564-3444 平日10時~16時30分
お問い合わせ

もっと知って補助犬キャンペーン第7回補助犬キャンペーン

第7回もっと知って補助犬キャンペーン
実施計画
実施期間:2019.10.1~2019.12.31

 身体障害者補助犬法が成立(平成14年)して10年以上が経つにもかかわらず、補助犬についての社会の認知度が低いままであり、公共交通機関や民間の店舗、宿泊施設などにおける補助犬受け入れ拒否が後を絶ちません。そこで、日本補助犬協会は、「補助犬をもっと知っていただきたい」という思いから平成24年より「もっと知って補助犬キャンペーン」を開催しております。

 その後、補助犬業界全体の地道な啓発活動により、補助犬の認知度は徐々にではありますが高まっていますが、残念ながらまだまだ普及・啓発活動が必要です。

 そこで、本年度も次のとおり「第7回もっと知って補助犬キャンペーン」を実施することと致しました。つきましては、様々な場面でご支援・ご協力をくださいますようお願い申し上げます。

 また、併せて、皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

(1)補助犬フォーラムの開催

「補助犬」を通して「心のバリアフリー」を考えるフォーラムを開催します。
写真
第4回「補助犬フォーラム」
『ほじょ犬と学ぶ“心のバリアフリー”』
概要
テーマ 『ほじょ犬と学ぶ“心のバリアフリー”』
開催時期 2019年12月3日(予定)
会場 東京都内
プログラム (予定)
プログラム1 補助犬シンポジウム
・「ユニバーサルデザイン2020行動計画」の実施状況に関する講演
・補助犬ユーザーからの報告 など
プログラム2 「ほじょ犬と学ぶ“心のバリアフリー勉強会・検定”」

『心のバリアフリー』とは?

「心のバリアフリー」とは、様々な心身の特性や考え方を持つすべての人々が、相互に理解を深めようとコミュニケーションをとり、支え合うことである。そのためには、一人一人が具体的な行動を起こし継続することが必要である。各人がこの「心のバリアフリー」を体現するためのポイントは以下の 3 点である。

  1. 障害のある人への社会的障壁を取り除くのは社会の責務であるという「障害の社会モデル」を理解すること。
  2. 障害のある人(及びその家族)への差別(不当な差別的取扱い及び合理的配慮の不提供)を行わないよう徹底すること。
  3. 自分とは異なる条件を持つ多様な他者とコミュニケーションを取る力を養い、すべての人が抱える困難や痛みを想像し共感する力を培うこと。

《「ユニバーサルデザイン 2020 行動計画」より》

(2)企業等における取り組み

希望のあった企業・団体等で、それぞれのニーズに則した、セミナー等を実施します。
  • UD2020行動計画に基づいた「心のバリアフリー研修」
  • 「心のバリアフリー検定」
  • 各事業者接遇マニュアルを展開した接遇セミナー
  • 外食産業等における補助犬受け入れセミナー
  • 企業の社員に向けた補助犬啓発活動 
  • 商業施設等のバリアフリー検証 など

(3)学校教育における取り組み

東京都内及び横浜市内を中心とした全国各地の学校で補助犬介在授業を実施します。

学校教育の取り組みとしてオリンピック・パラリンピック教育及び「心のバリアフリー」の普及の推進を目的として、補助犬を介在させた授業を行います

  • 実施時期 キャンペーン期間中随時
  • 実施回数 10回程度

(4)一般市民を対象とする取り組み

東京都内及び横浜市内などで一般市民を対象とするセミナー等を開催することにより「心のバリアフリー」の推進を図ります。
  1. 地域に根差した「心のバリアフリー」の推進
  2. スポーツ等を通した「心のバリアフリー」の推進 など

(5)障害当事者及び支援団体としての取り組み

障害当事者講師を養成するため障害当事者講師養成セミナーを開催します。
  • 実施時期 キャンペーン期間中
  • 実施回数 4回程度

(6)緊急・災害時への取り組み

東京都医師会・東京都獣医師会と連携して緊急・災害時のガイドラインを作成するほか緊急・災害時の対策に関するセミナーを実施します。
  • ガイドラインの東京オリンピック・パラリンピック期間中の「補助犬支援ネットワーク」(仮称)での活用
  • ガイドラインの都道府県や市町村等、避難所運営側への周知、当協会ホームページ及び関係団体等への周知
  • 緊急・災害時の対応に関する啓発セミナーの開催
    など

(7)『SDGs実施指針』に基づいた取り組み

SDGs実施指針に基づき、あらゆる人々の活躍を推進するための活動を行います。
  • 「心のバリアフリー研修」の実施
  • 施設のバリアフリー検証
  • 接遇ガイドラインの作成
  • 緊急・災害時のガイドラインの作成

(8)あなたからの提案による取り組み

あなたの提案による取り組みを実施したいと考えています。
皆様のアイディアをお寄せください。 そして、それらの取り組みに積極的に参加してください。

お問い合わせ

日本補助犬協会 事務局
TEL:045-951-9221
E-mail:japan@hojyoken.or.jp

もっと知って補助犬キャンペーン
もっと知って補助犬キャンペーン
第7回補助犬キャンペーン
実績一覧
第6回の実績
第5回の実績
第4回の実績
第3回の実績
第2回の実績
第1回の実績

公益財団法人 日本補助犬協会

Guide Dog & Service Dog & Hearing Dog Association of Japan

〒241-0811
神奈川県横浜市旭区矢指町1954-1
TEL:045-951-9221
FAX:045-951-9222

※お電話でのお問い合わせは、平日10時〜16時30分までにお願いいたします。